効率的な英語の学び方

特別意識を持たない

あなたは、英語習得は特別な事だと思っていませんか?

 

実は、誰でも英語を習得して話せる力を持っているんですよ。

 

「自分はもう大人だし、今さら無理だよ」「小さい頃から勉強ちゃんとしておいたら良かった」なんていう人はいくらでもいますよね。

 

もちろん、こういう意見も一理あるとは思います。

 

大人になったら覚えにくいし、小さい頃から勉強しておいた方が確かに習得しやすいとは思いますよね。

 

ですが、だからと言って大人だから英語はもう習得出来ないのかというと、そんな事は無いんですよ。

 

そもそも語学の習得について、どの程度英会話が出来るようになったら習得したとみなせるのでしょうか。

 

英語が母国語の人達みたいに流暢に、発音まで完璧にならないと習得したとみなさいのなら、それはかなり困難だと考えていいですね。

 

なぜなら、英語の発音と日本語の発音は違うし、そもそも日本語だってかなり習得には時間をかけているので、英語が少々の時間位で完璧になるとは思えないですよね。

 

そこまでを求めているのなら、習得は誰でも簡単に出来る事では無いと感じますね。

 

例えば、日本にいる外国人芸能人を見ると、流暢に日本語を話していて会話も成立していますが、やはり発音がどこか違っていたりしますよね。

 

これなら、普通は習得したといっても良いくらいの気がします。

 

きちんと話しは出来るのだから充分ですよね。

 

自分的に「これじゃ習得したと言えない」のであれば別ですが、こうしたレベルで良いなら誰でも英語を習得して会話する事は可能だと思いますよ。

 

なので、誰でも英語を話す事は出来ると考えられますね。

 

外国人の恋人でもつくって、結婚のことでも考えてみると、少しは変わりますよ。